スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

競馬問題×3!+おまけ。

今日というか昨日ですが、は競馬デーでした。
一日に3問競馬問題に出会えたのは初めてですよ。
ちょっとテンションあがりましたが1問間違えました\(^o^)/
では、答えは反転で。


第二ヒントで飛ぶんだ!


答えは1 菊花賞です。

第1ヒントの段階ではすべて該当してしまうので飛べません。
まぁ4分の1なので無理ってことはないですがw

競馬がある程度わかる方は第2ヒントで飛べるかもしれません。

菊花賞(当時は京都農林省賞典4歳呼馬)の第1回優勝馬はテツモン。
正直これは知りませんでした。
ですが、馬名が牡なのと、日本ダービー(東京優駿)の第1回優勝馬はワカタカなので消去法で飛べます。

知らなくてもきっと第3ヒントで飛べると思われます。
3000mを超えるG1レースは天皇賞(春)とこの菊花賞しかありません。
両方とも開催されるのは京都競馬場ですが。
この場合は選択肢にあるのが菊花賞のみですしね。
最終ヒントでは確実に答えがひとつになります。

菊花賞で最近有名なのはソングオブウインドだと思いますよ。
武幸四郎(武豊の弟)鞍上でレコード勝ちをした去年の優勝馬です。

牝3歳クラシック:桜花賞→オークス→秋華賞
牡3歳クラシック:皐月賞→ダービー→菊花賞

確かこの中で唯一秋華賞だけがクラシック競走とは位置づけられていなかったはずです。いつか役に・・・立たないかな?

1問目からこの長文はいったいどういう・・・気にせず2問目。


ミホノブルボンといえばこの方!


答えはとやまためお調教師。

この方といえば、まず浮かんでくるのがミホノブルボンの名前ではないでしょうか。
ミホノブルボンといえば、低価格で取引されたのにもかかわらず、新馬戦で圧倒的な力を見せつけそのまま朝日杯、皐月と勝利し、無敗のままダービーを制したことで有名な馬です。
菊花賞は距離的に厳しかったとかライスシャワーが強かったなどいろいろな説がありますが。

戸山調教師はミホノブルボンなしには語れません。
というかミホノブルボンくらいしか自分が知らないだけですがww


これはわかりませんでした。


答えはピムリコ競馬場

てっきりエプソム競馬場かと思いましたがよく考えたらエプソムはイギリスの競馬場でしたw
それにしてもこの名前は浮かんできませんでした・・・聞いたことはあったのですが記憶にほとんど残っておらずw
正解率は10%弱だったと思います。
こういうのを落としてたら競馬問題うめぇとか言えなくなりますね。
もったいないもったいない。

ピムリコ競馬場についてはほとんど何も知らないのでwikipediaで調べてみましょうかね。

ピムリコ競馬場

やはりプリークネスステークスが主なレースのようです。
プリークネスステークスは例年ケンタッキーダービーの2週間後に開催されるらしいですね。これも初めて知りました。
海外レースの問題は難しいですね。。。

競馬問題は以上。
最後の問題がわかった方はすごいと思いますよ。
競馬ファンの方々からすれば当然なのかもしれませんがw

最後におまけというかF1問題を。

F1問題が出たので。


この前ちょうどF1を観たばかりだったのでこの問題はラッキーな感じ。
と思ったら不正解だったのは仕様です。

答えは3241です。

あれ?ライコネンはフェラーリじゃね?
とか思ってたら時間切れになりました。
2006年のときはマクラーレンだったんですねw

さて、もう4時になってしまったので早く寝ないと。

そうそう、リエルのスマイルには癒されました(*´Д`)
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://syoya.blog47.fc2.com/tb.php/122-30f4f6ca

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。